スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
20周年記念5
◆円筒でかつ緩やかなアールがかかっているような形状を
精度を出しながら造形することがむずかしいので
いろいろと考えていたところ
ポリパテによるロールゲージ法を思い出した。

大昔の電撃HMに掲載されていて覚えていたのだが
さっそくググってみるも引っかからず。
記憶をたよりに作業を進めてみた。


ロックバスターを竹割にした形を型紙をつくって
プラバンを切り出し
真鍮パイプを軸がずれないように接着。
あとは適当な芯材(今回はファンドの塊)に
これまた軸がずれないように穴をあけて
真鍮線でゲージを固定。

あとは芯材にポリパテを塗ったくって
ゲージをくるくる回す。
要は旋盤の要領ですな。

パテが固まったらかるく表面処理して
また盛って。。。
3回目くらいでいいかんじの形ができた。

mega05.jpg

旋盤があれば10分でできちゃうだろうが
時間はかかるが無いなりにそれなりに精度のある形が作れる

mega06.jpg
小物はコトブキヤのバーニアを切った貼ったしたほうが早い。

mega07.jpg
表情はもうちょい。


スポンサーサイト
2009 / 04 / 26 ( Sun ) 17:51:58 | 20周年記念 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<PSO | ホーム | あぁ無念>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nandacorin.blog61.fc2.com/tb.php/138-c56becbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。