スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
影の所長 その3
◆肉付け中。
細身なのでむっちりしすぎないように注意。。
ma03.jpg


◆THE MIST
僕の大好きな映画の主演率が異様に高いトーマス・ジェーン主演。

なぜにここまで酷い報いを受けたのかと考えてみたが
トーマスがしたことは狂信者のカーモディと
同じことだったから。
カーモディははじめは神の代弁者だったので
巨大蟲が襲撃したときも死なずに済んだ。
が、その後トーマスの子供を殺せ!
全員殺せ!、と調子に乗りすぎた瞬間に
めがねにあっさり射殺されてしまった。
人間はけっして代弁者以上ではなく、調停者ではないのだ。
もちろん理由は何であれカーモディを殺しためがねも
その後すぐに蟷螂に喰われて死亡。
人間はいかなる理由があっても
人間の命を裁定してはいけない、それを破ったものは
それ相応の報いを受ける、
というのが
この映画の掟である。

しかしどんなに絶望的な窮地に陥っても
あきらめない、というのがどんなに困難なことか。
車のガスが切れて馬鹿でかい四足の生物が現れる
絶望のどん底のシーンはまさに神演出。
この結末を考えたフランク・ダラポンは
天才 だ。

しかしこのオチってグリーンマイルとおんなじなんだよなぁ
あっちは泣けて、こっちは愕然とする、って
不思議だよなぁ
スポンサーサイト
2008 / 10 / 26 ( Sun ) 23:24:49 | 影の所長 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<20周年らしい | ホーム | 影の副所長その2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nandacorin.blog61.fc2.com/tb.php/129-f5db4f62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。