スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
ガザC その4
◆スチロール樹脂というのが何げにやわらかい素材なので意外にペーパーの傷が消えなかったりするわけで、いつかのモデルグラフィックスに『320番→溶きパテ塗り→600番→サフが最速手順』と書いてありましたが、
さて、合わせ目付近のスジが接着剤で埋まっちゃっているので、スジ彫り作業をします。

gz06.jpg

◆スジ復活の三種の神器。左から エッチングノコ、目立てヤスリ、デザインナイフ。
エッチングノコは深くてかなり細いスジが彫れます。目立てヤスリはじゃっかん太め。いずれもシャープなスジが彫れます。
気をつけるのは、ノコは引く、ヤスリは押す。です。
なんで目立てヤスリでいきなりぶっぱなすとよれよれのスジになってしまう確率が高いので、まずはノコでけがいたほうがいいです。
あとは対象物はしっかりと固定したほうがよいです。鼻歌まじりで膝の上なんかで作業してると


gz04.jpg

◆よれた...
こうなるます。
気を取り直して瞬着で埋めます。
パテとかで埋めるとやわらかいので彫りにくくなる気がしますので、瞬着で埋めるのが良いです。
2回目のチャレンジ。


gz05.jpg

◆ぴんボケで解りづらいですが、うまく彫れました。


◆おまけ
塗装まえのごみほこり除去対策。

gz07.jpg

スポンサーサイト
2006 / 05 / 04 ( Thu ) 03:59:29 | ガンプラ | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<L5とミナ | ホーム | ガザC その3>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nandacorin.blog61.fc2.com/tb.php/12-1432e983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。