スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
エヴォフレッシュ
◆何度か取り上げているガイアのサフ、エヴォフレッシュ、
ペーパーをかけた際に塗幕の禿げ際が異様にはっきりしすぎているので
気になってメーカーのサイトを調べてみると
「レジンキャストにも問題なく使用できますが、一応プライマーを先に塗っておくことをお勧めします。」
要はプライマーが含まれていないということですな、それはレジンの下地としてどうなのか、と
3日3晩考えてみたのだが結論は出ず。
4日目にしてふと思い立ち、爪でカリカリこすったり、マスキングテープを貼って剥がすを繰り返してみたところ、
塗幕の剥離は見られませんでしたので、恐らく使用上問題がないであろうことを確認。


で、ガイアのサイトを見てたらこんなものを見つけた。
http://www.gaianotes.com/products/g-goods_g10.html

何か似たようなものが職場に転がってたような気もするが、恐らく使えるアイテム。
気になるアイテムといえば
http://www.mr-hobby.com/itemlist/pg61.html

箱絵や販促ポスターはともかくとして、色味がすごいきれいっぽい。

ただいずれのアイテムも割りと高価なのがネック。
そういえば海草から石油を精製したとかどうとかニュースを見かけたが、
アレが実用化すれば塗料(溶剤)の価格も落ちるのかな?
スポンサーサイト
2011 / 06 / 28 ( Tue ) 12:54:04 | 与太話 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
塗装したい
◆件のコンプレッサー不調の原因はドレンの水抜きからエアが漏れているせいでした。
エアテックスのサポートからの回答は
「ドレンカップを洗浄すれ、直らなければ買いたまへ」
という非常に単純明快な内容でして、メールに添付されたマニュアルに沿って
メンテナンスしてみたものの結局改善は見られず、
その後何度かメールのやり取りを経て結局(交換部品のみ)購入するに至った。

恐らく明日には部品が届くのだろうが今週も休めそうも無い、残念。

ちなみにエアテックスのサポートは非常に丁寧で好印象でした。


◆シュタインズゲートのBDを借りました。まだ観てませんが。
中々纏まった時間が取れないのでとりあえず公式を覗いてみると、
おぉ、桃井のはるこさんは未だ現役で声優業をなさっておられるのか、
いわゆる超音波声が苦手な私だが、一時期彼女のカバー電車を160回ほど
リピートして聴いていたのは記憶に新しい。
※カバー電車 90年代のアニソン・ポップスをかばーした楽曲が収録されているアルバム

アニメといえば、ガンダムAGE。すごいですね。
かれこれ10年前までは所謂ガノタ、しかもUC原理主義で痛々しい言動を
ネット上のコミュニケーションの場で良く晒していたものですが
∀を観てからそれまでの自分の価値観が如何に矮小で粗末であったかと、
全てに於いてどうでもよくなった。
そんな私でさえ流石に失笑。

ところでガンダム、とググってみると何と∀のwikiのページが3番目に来た、
何か感動。
2011 / 06 / 17 ( Fri ) 00:55:41 | 与太話 | TrackBack(0) | Comment(3) | トップ↑
うまくいかない
◆たまには外出も良かろうと、えのすいに行ってきた。
高校時代、アクアノートの休日にいたく熱中していた私は何を隠そう海洋生物が大好きなのです。
アクアノートと言えば当事、友人数名を宅に招待した際に目の前で延々と
プレイ画面を見せつけ(以下略)
コウイカのヒレの動きがネオンライトイリュージョンのそれと同様なことに感動、
タイトーのドッターにも感動、
ぴくりとも動かぬダイオウグソクムシを10分くらい凝視したり
そんなことがあったものだから、帰宅後心躍らせてダラ外の超絶稼ぎ動画に
しばらくの間かじりついてしまったがおかげさまでようやく創作意欲が昂ぶってきまして
真空パックに圧縮されていた自作ロックマンを数ヶ月ぶりに解放、真鍮線をぶっ挿し塗装の準備に入る。

が、ここでコンプレッサの不具合に見舞われ小一時間ほどあれやこれやといじくってみたが解決できず
たまらずサポートにメールするに至った。
エアテックスに問い合わせをするのはこれが初めて、どんな回答が飛んでくることやら。



◆相変わらず真宵ちゃんが見つからないので、というか探してもいないので
なんとなく読書に耽りたい気分に襲われアマゾンで古書を購入。
何故古書かと言いますと、人形つかいの新装版の表紙デザインがあまりに
酷かったから、(その酷い表紙はこちら)ライトノベルか!、いや、ライトノベルを蔑むわけではないが、
とにかくハインラインの著書を2冊ほど購入。

et30.jpg
et31.jpg



◆ところでブッダが3部作で映画化するそうですな、
アッサジは。

2011 / 06 / 06 ( Mon ) 00:14:37 | 与太話 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
手が動かない
◆作りたいネタはいくつかあるんですが
体が動かないので概ねお蔵入りとなっております、
一応、
毎年貴重な時間を費やして当ブース足を運んでいただいては
「いつ販売するのか、」と問い合わせされている
イエデビ様、
もしくは有賀版メタルマン、
やはり美少女フィギュアも時にはこさえたいので
美少女と言えば、真宵ちゃん。
真宵ちゃんといえば途中までファンドでこねこねしたはずだが
あれはどこに行ったかな。

◆とにかく真宵ちゃんが見つかるまで何して過ごそうかと
ロバート・A・ハインラインの夏への扉を読み返してたら
面白すぎて泣けてきた。
無論話の筋がおもしろいわけだけれども、福島正実の訳が
この上なく圧巻である。
訳はほんとうに大事だと思う、ニューロマンサーはそういった事情で
途中で読むのを止めた。
訳といえば戸田奈津子の誤訳が酷すぎてワロス、というチン騒動があったが
あれはどうなったのかな。

◆原監督のColorfulを観ていたく感動した私は
思わずDVD&BDを購入、布教活動の傍ら即職場の同僚に
貸してしまったわけですが
内容について書き連ねていきたいところですが
この時間からそれを始めると恐らく眠れなくなるので割愛、
アニメといえば新海さんの新作を見てきましたよ、その題名は「星を追う子ども」。
凡そ単館でしか公開されていなかったのも今は昔、
よもやシネコンで氏の作品が観られるとは中々感慨深い。
今回、食事の描写・キャラクタの造形・演出などなど
非常に宮崎アニメからインスパイアされているのが見て取れるが
氏の作品全体を通して共通しているのが、思わず苦笑いしてしまう程
男が非常にヘタレである。

・・・どうも取り留めの無い駄文しかできないので
今日はこの辺にしておく。
次回は2ヵ月後。

2011 / 06 / 02 ( Thu ) 00:43:36 | 未分類 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。