スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
粘土埋め埋め
◆あと3回ほど埋めれば終わりそうな雰囲気
前回の冬のときは当日の4時間前に
なんとかサンプルが完成し
丸一日しかばねのように座っていたので
今回はそんなような事がないように。。。

と気をつけていたはずなのだが

卓は
A35-11です。
佐川の近くです。
遊びに来てください。
スポンサーサイト
2007 / 07 / 31 ( Tue ) 00:38:04 | ガレキ | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
粘土埋め
◆暑い暑い
今日も今日とて粘土埋め。
あと2週間しかないが
月末でなかなか家に帰れないため
1日2時間くらいしか作業できん。
文句たれててもしょうがないので
黙々と粘土埋め。
寝ぼけながら作業してたら
向きが逆になってて鬱。
もう今日は寝よう。

◆紐が

og39.jpg

気泡でつぶれとる。
ベビーパウダーでうまくいくじゃろか
2007 / 07 / 29 ( Sun ) 00:56:41 | ガレキ | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
明日のためのその一
◆ホームセンターで回転盤買って来た。

tl02.jpg


これは何に使うのかというと
この上で粘土埋めしたり、ワックス塗ったり
シリコン流したりするわけです。
せわしなく方向を変える作業なので
回転できると
効率が上がるわけですな
2007 / 07 / 20 ( Fri ) 23:55:08 | ツール/マテリアル | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
無事
◆版権全ておりました。
ちかぢか一番苦手な粘土埋め作業に入ります。
粘土埋め作業は心身ともに過酷な作業。
しかし時間は待ってはくれないのだ。



og38.jpg

◆改修した髪の毛。
しかしこれは型抜けるのか。
2007 / 07 / 16 ( Mon ) 23:41:34 | 諸々 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
よたばなし
WFまであと一ヶ月なんですが
まだ版権が全部下りとりゃせん
型作りが苦手なので
あまりぎりぎりから作業はしたくないのだが...


いまの作業部屋
ダイニングのすみっこの畳一畳ぶんに
800x600cmくらいのテーブル(自作)を置いて
いるので作業部屋というか作業スペースなのですが
すぐ散らかって作業にならんので
収納も兼ねた機能性もよいかっこいい机を買おう!

IKEAに行ってきました。

うわさには聞いていましたが
広い、安い!
全面ガラス張りの
ガンプラとフィギュアを飾る以外に
何に使うんだと言わんばかりの
キャビネットが¥5000ばかし。
おされな机もいくつか発見したのですが
一畳に置けるほどコンパクトなものはなく
小さい電気スタンドと電源タップを買って
帰ってきました。
引っ越すしかないな!
2007 / 07 / 15 ( Sun ) 00:00:47 | 諸々 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
夏まで!電撃!ブタのヒヅメ大作戦 11
buri12.jpg

◆ぶりぶりざえもんをセッティング。
やはりイメージと違った。
こんな感じにしたかったのだ。


buri13.jpgこんな感じ

◆映画クレしん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦での
名エピソード『お宝ちょーだい山』である。
ざっくりとあらすじを言うと

最凶のコンピューターウィルス、恐怖の支配者として生まれたぶりぶりざえもんに
しんのすけが
「ちがうぞぶりぶりざえもん。おまえはオラのともだちで
 救いのヒーローなんだぞ」
とある物語を話しはじめる。

すごいお宝があるという『お宝ちょーだい山』へ向かったぶりぶりざえもんは
その道中で、困っているレースクィーンとOLを渋々助けてやった。
お礼としてF1のチケットと飲み屋のタダ券をもらったぶりぶりざえもんは
次におなかが痛くて泣いている女の子を見つけた。
しかし女の子は何も持っていなかったので何もお礼ができないという。
怒ったぶりぶりざえもんは女の子を置いて先に進んだ。
するとその先には薬店があった。
ぶりぶりざえもんは少し考えてから、F1のチケットと飲み屋の券と引き換えに
腹薬を譲ってもらい、もと来た道をもどり女の子に薬をあげた。

「はいよ。」

そのあと、山の頂上についたぶりぶりざえもんだが、
そこにお宝はなかった。

「宝なんかなかったし、F1のチケットもドリンク券も なくなっちゃった...」

しかしぶりぶりざえもんは夕焼けを見ながら思い出していた。
レースクィーン、OL、そして女の子の笑顔を。
ぶりぶりざえもんはすでにたくさんの宝物をみつけていたのだ。
こうしてぶりぶりざえもんは「救いのヒーロー」となり
多くの人たちのために働くようになりました。



これだけでかなりイイ話なのだが
この後、悲しい結末が。
そして最後の最後にまた。

原恵一というひとはまぎれもなく天才であるので
このひとの作った劇場版クレしんを未見のかたは
ぜひ見たってください。




2007 / 07 / 01 ( Sun ) 21:40:22 | ブタのヒヅメ大作戦 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。